月別アーカイブ: 2014年1月

メラトニンと睡眠の関係について

メラトニンというと自然な眠りには欠かせないと言われているホルモンの一つですね。
近頃ではこのメラトニンのサプリメントも販売されていたりします。
このメラトニンの分泌量に大きく影響するのが光だと言われています。
例えば最近でいうと寝る前にパソコン・スマホ・タブレットなどを操作していると
そこから発せられているブルーライトによってメラトニンの分泌が抑制されてしまい
寝付きが悪くなるということも言われています。
もちろん、そういったものだけではなくて部屋の照明でも同じです。
人工的な光というのはメラトニンの分泌を抑制してしまうと考えていいでしょう。
なので寝る時にはなるべく光から遮断された環境作りをしなければいけません。
特に夜ではなく明け方や昼間に眠る時には重要になります。
しかし、メラトニンの分泌を過剰に増やすと副作用があると言われています。
頭痛や抑うつ状態などを引き起こす可能性があると臨床試験によって報告されているんですね。
なので増やし過ぎないというのも一つのポイントです。
このメラトニンには相反する働きをすると言われているセロトニンというホルモンがありますが
このホルモンとのバランスというのも自然な眠りを確保する意味では大事だと言えるでしょう。
気にしすぎるのもどうかとは思いますが少し意識的に生活をしてみると今抱えている
睡眠に対する悩みが解決できるかもしれませんね。
セロトニン 増やす サプリ

自動車ローンが組めない場合

一般的には車を買う時に分割払いで購入する時には自動車ローンを組むが普通ですが
最近では審査も厳しくなっているということで銀行のカードローンを利用してお金を
借りて車を購入している人も増えているみたいですね。
銀行のカードローンのメリットは万が一の時にすぐにお金を借りることができるのですが
車の購入費用以外でも借入限度額の範囲であればお金を借りることができる点です。
さらに自動車ローンに通らなかったという人でも審査に通ることが多いようです。
ちなみにカードローンというと消費者金融系の商品もありますがこちらは規制によって
年収の3分の1以上の借入をすることはできないので足しになることはあっても
ローンを組んで車を購入するというのは難しい場合があります。
それに比べると銀行系のカードローンはその規制の対象外なので車を購入できる
費用分を借りることができるというのも大きなメリットと言えるでしょう。
その中でも利用している人が多いのがネットショッピングでも有名な楽天の
楽天銀行スーパーローンです。
この楽天銀行のスーパーローンにはただお金を借りることができるという以外にも
様々なメリットがあるので自動車ローンが組めない人は検討してみるといいでしょう。

車査定の時の売却希望価格について

車を売ろうと思ったらまずはいくらで売ることができるのか?ということを知るために
査定を受けるというのが一連の流れの中の最初のステップでもあります。
その査定の際に必ずと言っていいほど聞かれるのがその車の売却希望価格です。
要するにあなたはこの車をいくらで売りたいと考えているのですか?ということです。
さて、もしあなたが車を売る時にこの質問をされた時にどのように答えますか?
まず前提として普通売ろうとしている車に対して持ち主は負い目のようなものを持っています。
車を売る事情は様々だと思いますが、走行距離が長かったり年式が古かったりというのが
あって車を売ることも多いのでそもそも心のどこかでそんなに高く売れないだろうという
心理が少なからず働いてしまっているわけです。
そうなると自分の中での査定額というのも低くなるのでは当然でそれにちょっとプラスして
売却希望価格を伝えると実際に買い取りできる限界よりもかなり低いことが多いのです。
でも自分の中での査定額よりもプラスして伝えているという気持ちがあるのでその希望価格に
近い金額を相手が提示してきたら自分の中では高く売れてよかったと思っているけど実際には
大損してしまっているというまさに自己満足の状況に陥ってしまうことになるのです。
これを避けるためには複数の買取り店を比較することはもちろん、希望売却価格は
具体的な金額を言うのは避けてできるだけ高くと曖昧に伝えておくのがいいでしょう。

せどりという副業

副業として人気の方法にせどりがありますね。
せどりというのを簡単に説明するとブックオフなどで100円とかで売られている
中古本を仕入れてきてアマゾンなどに出品して販売することで差額が利益になるという
方法なのですが昔に何か副業みたいなことをしようとした時のこのせどりをしようと思いました。
理由としては割と簡単に始められるということと自宅の近くにブックオフが2店舗あったので
仕入れる場所を探すのもそんなに苦労しないのではないかという理由からでした。
ただ色々と調べているとやはり仕入れが重要なカギを握るようで店舗を色々
回らないとお宝と言えるような商品に巡り合えないということがわかりました。
それに毎日のようにブックオフに行っているとそのうち店員にあだ名を付けられるのでは
ないかという他人の目が気になったことが最大の要因でもあります。
ただあんまりお金のことを考えなくてもいいのであればレンタカーでも借りて
旅行ついでに各地のブックオフを回って仕入れをするというのも面白そうだなと思います。
普段の生活を考えると店舗に行って本を買ってその本を持って帰ってくるのも面倒ですし
そもそもそんな大量の本を置く場所が自分の部屋にはないというのも大きな原因です。

眠れない夜

キテレツ大百科ではないですが眠れない夜って結構ありますよね。
別に君のせいではないのですが眠れない夜というのはイライラして仕方がありません。
不眠症とかそういう感じではなくて本当に1ヶ月に1度あるかないかという感じです。
結局のところ眠れないなという気がしても我慢強く目を閉じていれば2時間ぐらいすると
眠れているわけなのですがこの時間がどうしても勿体ないような感じがして途中で
集中が切れて起き上がって何かしらしてしまいます。
特に前の日に寝すぎたとか昼寝をしたからというわけではなく、普段通りのサイクルで
生活をしているはずなのに急に眠れなくなるのでそれもフラストレーションが溜まる
原因になっているのかもしれませんね。
時期的なことをいうと夏から秋にかけてこの現象がよく起きる気がします。
冬とかになるとあんまりこういう体験をすることはありません。
寒いので布団から出たくないという気持ちが関係しているのかもしれませんね。
ただ最近は大体布団に入った瞬間に眠れそうかそうでないかがわかるようになりました。
布団との最初のコンタクトの際に今日はいけるなみたいなのがわかるんですね。
そんなのはどうでもいいのですが眠ろうとしているのに眠れないというのは人生の
長い時間の中でも最も無駄な時間なのではないかなんてことを思ってしまうわけです。
不眠症の治し方

足の冷たさ冬山のごとし

毎年冬になるとこんなに寒かったっけ?と感じるほど寒さが苦手なわけですが、
特に手とか足とか体の末端が冷たくなるのが耐えられない感じですね。
きっとこれが冷え性というやつなんですかね。
そういえばこの前なんかのテレビで寒い地域で足が霜焼けになったりするので
血流をよくするためにヒルを飼って血を吸わせるみたいな民間療法があるという
話をしていました。
そもそもヒル自体をそんなに見たことないのですがさすがにそれで症状が
良くなるとわかっていても黙って血を吸わせるのは性格的に納得いかないですね。
もしかしたら蚊に血を吸われるように痛いという感覚はまったくないのかもしれませんが。
蚊は昔から大っ嫌いで最近も夢の中で森のようなところで大量の蚊に襲われるという
夢を見ましたが本当に耐えられないぐらい嫌いな生き物ベスト5に入ります。
まあ話がよくわからなくなってきましたがとにかく足が冷たくてどうしようという話です。
ただ家の中で靴下を履いていると逆に蒸れてきて嫌な感じがするんですよね。
今のところは裸足でパソコンのバッテリーの上に乗っけているのが温度的にベストです。
買取りできない車