月別アーカイブ: 2014年3月

ポリフェノールは種類が多い

近頃ポリフェノールによる美容・健康効果がテレビ番組などでも取り上げられていますが
ポリフェノールと言っても結構いろいろな種類のものがあるのをご存じでしょうか?
例えばお茶に含まれている茶カテキンなんかもポリフェノールの一種ですよね。
種類もたくさんあるのでものによっては摂取することによる効果も違います。
茶カテキンなんかはものの消臭効果などが有名ですよね。
健康や美容への効果を期待するとなると血圧や血流を整える作用が重要ですかね。
もちろん茶カテキンにも高血圧抑制効果もあったりはするんですけどね。
結構ポリフェノールという成分と捉えているとこれもポリフェノールなんだというのが多いです。
例えばゴマに含まれているセサミンなんかもポリフェノールの一種ですよね。
このように一口にポリフェノールと言っても種類や作用などは実に様々あります。
なので単純にポリフェノールを摂取するというよりも自分の状況に合わせて
どういったポリフェノールを摂取することが望ましいのかというのを考えるといいでしょう。
ポリフェノールの中でも美容を目的とするのであれば最近はフラバンジェノールというのが
化粧品などで人気が高いみたいですね。

車に乗るのは彼女を助手席に乗せる為です

車を買った時の、あの感動が忘れられません。
自分で車を買った時に、横に彼女を連れてドライブやデートするのを夢見ていました。
彼女を助手席に座らせて、他愛もない会話をしながらのデートに憧れがありました。
すぐに彼女を乗せる機会があって、車に乗せることが出来た時は、感動のあまり会話の内容なんてすっかり忘れてしまいました。
家から彼女の家まで、車を走らせて迎えに行って、遊園地に2人でデートしに行きました。
季節は秋で、窓を開けると涼しい風が入り込んできて、ドライブで気分も最高になっていました。
遊園地が終わった後も、彼女を助手席に乗せて帰りましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうというのは、本当のはなしでした。
車で彼女を家まで送って行って、別れ際に彼女にキスをしました。
今でも思い出深い、デートだったことを思い出します。
その後、遠距離になってから車を使ったデートがさらに増えました。
彼女が助手席に乗っていることが、嬉しくてドキドキするあの感動は、大人になっても色あせることはないですね。
車が苦手な男の人でも、彼女とのデートになればウキウキになるのではないでしょうか。
懐かしく楽しい思い出デートでした。

身体はぐったり

元々、主人と義父と3人で同居生活でした。
その義父が脳梗塞になってから、夫婦関係に亀裂が入るようになっていました。
私は妊娠中と言うこともあり、ストレスは大敵なので12月から実家に里帰りをしています。
あの時はまだ12週とかだったので、相当早い里帰りで周りには驚かれました。
それから主人と会ったのはお正月の三が日だけです。
距離もあり、これから仕事が忙しいので仕方ないとお互いに話していましたが、なかなか上手くいきません。
頭では分かっているけど、精神的にはお互い限界だったのでしょう。
電話をする度、義父のことでケンカしていました。
そして昨夜、ついに離婚の話にまで発展しました。
離婚した方がお互い楽になれるのは目に見えています。
でもこれから生まれてくる子供はどうなるの?など、とことん話し合いました。
結局、もう1度お互い冷静になってやり直すよう努めるという話で納まりましたが、おかげで寝不足です。
離婚話で徹夜になるなんて考えてもいませんでした。
でも、良い機会だったと思います。
こういうことでもないとお互いに我慢に我慢を重ね、壊れてしまっていたと思うのです。
義父もようやく息子夫婦が危機状態にあると気付いてくれたようで、ようやく動き出してくれました。
昨夜からの寝不足で身体はかなりぐったりですが、話が少しずつ前に進んでいることに少し安心です。

美容と健康との密接な関係

美容にはかなり気を使っていた私なのですが、ある日を境に突然肌の状態が悪化してしまったのです。
湿疹や乾燥や敏感肌など様々なトラブルに慌ててしまったのですが、良く考えてみると当時はストレスも多く、食生活もかなり乱れていた事からこのような事態に発展してしまったのです。
そこで改めて美容と健康の密接な関係性を痛感したのですが、美しい肌にするためにはまず身体が健康であると言う事が最低条件なのです。
それ以降毎日適度な運動で代謝を上げて、さらには身体の中から綺麗にするためにしっかり3食栄養のバランスの摂れた食生活を送るようになりました。
2ヶ月も続けると今までのトラブルが嘘のように肌が綺麗になってきたのですが、湿疹や肌荒れはきっと身体の中のもっと大事にしてと言うサインだったのかも知れません。
外側から与えるだけの美容に頼りっきりになっていた事を反省したのですが、今では身体の内側から元気にするための美容法を心掛けています。
インナービューティーは健康な肌を作るためには欠かせない作業なので、少しでも肌に良い物を選んで食べる習慣も必要です。