歯医者は怖いというイメージ

私は虫歯になりやすいクセに歯医者が大の苦手で、いつも治療に通い始める初日には内心でドキドキしながら、治療の順番を待っています。
ただ治療が始まってしまうと案外平気で、たいていの場合痛い思いをすることもなく、治療は終わってしまいます。
なので幼い頃から歯医者は痛いから怖いというイメージだけが一人歩きして、実際にはたいして痛くもないのに治療の都度怖いと思ってしまうみたいです。
それに大昔の歯医者は痛い思いをすることも多くあったと思いますが、最近では治療の技術も上がり、歯医者さんの腕も良くなったので、私だけでなく世間一般でも治療中に痛いと感じることなどほとんどないと思います。
また歯の治療中に痛みを緩和するものといえば麻酔がまず思い浮かびますが、少し前から笑気ガスや笑気麻酔と呼ばれるものを使用する歯医者も増えてきたと聞きました。
これは鼻から吸入する麻酔なので注射の麻酔よりも簡単で安全性も高いのだそうです。
私は今のところこの笑気麻酔を行って治療したことはないのですが、それで歯医者への恐怖心が消えるなら一度くらい試してみたいなと思います。